HOME > 浄土真宗 竜心寺から皆様へご挨拶

携帯電話用QRコード

僧侶派遣 浄土真宗 竜心寺モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

浄土真宗 竜心寺から皆様へご挨拶

竜心寺から皆様へご挨拶

この度は竜心寺のホームページをご覧いただき有難う御座います。心より感謝申し上げます。写真は私が元阪神タイガースの川藤幸三氏と対談している時の写真です。確か2012年だったと記憶しております。この時はまだ僧侶派遣というのも少なく、すごく不思議に思われていました。しかし今では新しい僧侶派遣も沢山出来ており、どこに依頼をするのか悩まれるかと思います。

大切な方の法要やお葬式は普段過ごしている時間とは異なり、ご先祖様を偲ぶ貴重なお時間ですので、皆さまもいつも以上に慎重にご検討されて居られるかと思います。

是非、竜心寺にお任せください。「どのような方が運営されているか分からない」「どのような方が来られるか分からない」という不安な声もよく聞かれますが、竜心寺は僧侶仲間で結成しておりますので、私が責任を以って派遣させて頂いております。私をはじめ、日ごろお付合いのあるお寺の住職(僧侶仲間)がお参りをさせて頂きますのでご安心下さいませ。

竜心寺は分院で御座いますので、本院の大阪寺務所(布教所)で活動をして居り本堂は使用しない形式の派遣型ですから、檀家制度や檀家に勧誘など一切御座いませんのでご安心下さい。もともと浄土真宗は在家仏教ですので、お寺という建物は不要だったのです。お参り先のお家でみんなが集まって仏法を聴聞されておられました。(仏法を聴聞できる道場があれば良かったのです。)他宗派は出家仏教ですから、お寺に出家されますのでお寺の本堂も必要なのです。

最近作られた僧侶派遣でよくある、「○○寺院連合」や「○○会」など存在が不透明な団体か個人か分かりませんが、そのような団体とは全く性質が異なりますのでご安心して下さい。

竜心寺は2009年から活動させて頂いております。(当初の屋号は極楽法要でした。)沢山の実績があり、クレームなども一切御座いません。皆様に喜んで頂いております。また、私自身が年間100件以上のお葬式の実績もあり、法要も年間200件以上の実績が御座います。ですから、今では数えきれないほどのお葬式と法要をお勤めさせて頂きましたが、一度でも少しでも一切手抜きなどはしたことは御座いません。いつでも全力で御座います。

また色々な仏教のお話もさせて頂き、少しでも多くの方が「絶対の幸福」を生きている時に手に入れる事が出来るキッカケになれるようにお手伝い出来ればと思います。

仏教(仏の教え)は生きている人間が聞かせて頂くものです。お釈迦様がいろんな例え話をされて、生きている我々が絶対の幸福になれるように説法されております。それをお釈迦様のお弟子さん達が書き残されたのがお経です。(7千余巻あります)この全てのお経を「一切経」と言います。
浄土真宗の開祖の親鸞聖人は、その一切経を何度も読み破られました。

その親鸞聖人のみ教えを法要を通して聴き聞かせて頂きましょう。法要はお経を聞くだけではなく、大切なのはお経を聞いた後に僧侶が法話をさせて頂きます。その法話が無ければ法要とは言いません。「仏法は聴聞に極まる」というお言葉がありますが、そのくらいに法話は大切です。お参りにご出仕させて頂きました時には、限られた時間の中では御座いますが、少しでも分かり易いように法話をさせて頂くように心がけて居ります。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 合掌 


トップページはこちらから 
竜心寺の手作り看板
雑誌の取材で元阪神タイガースの川藤幸三氏と対談(竜心寺の寺務所にて)
取材後に記念撮影(竜心寺の寺務所にて)
阿弥陀如来(南無阿弥陀仏)